ヒューストン市の不動産マーケットについてアップデート!

2021年1月ヒューストン市場の不動産データが発表されました。 2020年1月と比較すると、新物件市場 13.1% 低下、アクティブ市場 41.5%低下、 市場価格 10.7%増加が見られます。結論:市場価格が増加しているのは、物件在庫が大幅に不足しているのが原因となっています。これは現在物件売却をする絶好の機会となっています。弊社の購入希望お客様方は、物件選択肢が少なく、市場物件には複数のオファーがあり、購入価格が増加傾向にあります。そんな中でも物件購入するのにの2つ良い点がございます。金利がまだ非常に低いこと(3%未満)と、価格が上昇し続けた場合は購入者はまだ現在の時点で低価格での購入が可能ということです。

Source: www.HAR.com

Leave a reply

Required fields are marked (*)

TOP