【注意喚起】ジカ熱に関する注意

ジカ熱に関する注意が在ヒューストン領事館より発表されましたのでシェアさせて頂きます。

—以下領事館からのメールを抜粋—–

在留邦人の皆さまへ

報道によれば、1月28日、ヒューストン市保健当局は州内で2件目となる国外で感染したジカ熱患者を確認しました。ハリス郡保健当局は、11日にも海外より帰国した女性がジカ熱に感染したことを発表していました。
テキサス州は、以下のサイトで、ジカ熱への感染はジカウィルスを持った蚊に刺されることによって起こること、ジカ熱の症状などを説明しています

https://www.dshs.state.tx.us/idcu/disease/arboviral/zika/

2015年11月28日、ブラジル保健省は、妊娠中のジカ熱感染と胎児の小頭症に関連が見られることを発表しました。ジカ熱と小頭症の関係については、現在も引き続き研究が行われていますが、詳細な調査結果が得られるまでは、特に妊娠中の方又は妊娠を予定している方は、流行国、地域への渡航・滞在を可能な限り控えるよう、十分注意して下さい。

● 外務省・海外安全情報(広域情報)(1月26日付)
「中南米地域におけるジカ熱の発生(妊娠予定及び妊婦の方は特にご注意ください。)(その2) 」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C029

●厚生労働省
「ジカ熱に関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

 

皆さまお気を付け下さいませ。

Leave a reply

Required fields are marked (*)

TOP